ETERNAL(エターナル)攻略TOPへ ≫

【ETERNAL(エターナル)攻略】スキルについて解説!

2020年12月23日

こんにちは!おるかです。

今回はMMORPGの【ETERNAL(エターナル)攻略】スキルについて解説しました!

ETERNAL(エターナル)
ETERNAL(エターナル)
開発元:ASOBIMO,Inc.
無料
posted withアプリーチ

スキルポイントどれにふろうかな...
ってめちゃ悩みませんか!?

私はかなり悩んだ挙句、悩むのをやめました。
結論、自分が良いと思うスキルに振っちゃって変えたいときはホワイトストーン使ってリセットする(笑)

サービス開始したばかりのMMORPGだとスキル振りなんてほんと手探り。
先輩たちの情報を取得しつつスキル振ったり、それだと何の個性も面白みもないから自分で考えてスキル振っていくのもMMOの面白さの醍醐味なんじゃないかなと思います

てことで、今回はスキルに関する基本的な解説をさせていただきます。

スキルについて

スキルはレベルに応じて次々と開放されていきます。

またレベルアップにつれてスキルポイントを獲得できます
スキルポイントは一度振ってしまうとリセットするのにホワイトストーンを250個消費しなければならなくなってしまいます...

とはいえ、スキルポイントを保持したまま進めるとなかなかモブが強くて倒せなくなったり、ダンジョンで足を引っ張ってしまったり。

なるべく育成方針にそったスキルにポイントを振ってしまった方が良いでしょう。
ホワイトストーン250個はウィークリーミッションをクリアしてしまえば回収できます!

今後、最善のスキル振りなども情報が出てくるとは思いますが、リセット前提でお試しに振っていくと良いでしょう

特性について

このゲームには特性というシステムが存在します。

特性とは

同じ職業、例えばパラディンでも特性を切り替えることにより攻撃型・守り型・回復型へと変更が可能です。
職業4種の特性がそれぞれ3つ存在するので12個の職業が存在しているようなものです。

特性を切り替えることにより、使えるスキルも大きく変わってきます。
特性は無料で何度でも変更が可能。
ダンジョンではタンク役をし、ソロプレイでは攻撃型でサクサクとモブを狩るというスタイルもできます

また、特性単位でスキルポイントを振れるのでスキル振りもなかなか自由度が高い印象です。

1つの職業で3つの役割に切り替えられるため、タンクやってたけどヒーラーもやりたいからキャラを作り直し...といったこともなくなるので非常に良いシステムですよね!

同じタンクでもそれぞれの職業で違った立ち回りがあるはずなので、個性を出せてなかなか面白いと思います。

ショートカット登録

スキルをショートカットへ登録することで戦闘中に使用できるようになります。

基本的にレベルアップで開放された新しいスキルは勝手にショートカットへ登録されるので、今後スキルが増えたり、戦闘中に使いやすい場所へカスタマイズすると良いでしょう。

スキルをドラッグして登録したい場所に持ってくればおっけーです!
ショートカット更新後は保存ボタンを押し忘れないようにしましょう

セリフの登録が可能

実はスキル単位でキャラにセリフを設定できることをご存じでしょうか?

吹き出しで出てくるタイプのセリフではありますが、中二病感あふれるロープレを楽しみたい方は設定してみるのもよし、ネタに走って設定してみるもよし。

また、ダンジョンのみというチェックボックスにチェックを入れればダンジョンでのみセリフ設定が行えるのでこの辺りも使い分けると面白いかもしれませんね!

スキル振りはとりあえずお好みで!

みんながみんな同じスキル振りだとつまんないじゃん?

自分なりのスタイルを見つけつつ育成キャラにコンセプトを持って育成すると面白いかも!

DPSがっつり突き詰めたアタッカー

ガッチガチの守りの硬いタンク

絶対に死なないヒーラー

自分のキャラに個性を持たせつつプレイするのも無課金プレイヤーの醍醐味です。
どうせ廃課金者にはかなわぬのですからねトホホ

ではでは、今回はこの辺で

さいなら~

ETERNAL(エターナル)
ETERNAL(エターナル)
開発元:ASOBIMO,Inc.
無料
posted withアプリーチ
ETERNAL(エターナル)攻略TOPへ ≫
  • この記事を書いた人

おるか

MMORPG・FPSが大好きな30代おっさんゲーマー。 中学生の時にメイプルストーリーに出会いMMORPGの虜に。 現在はスマホMMORPG・PS4をメインに毎日ゲームライフを送る日々。 新作ゲームのレビューからプレイしているゲームの攻略情報などを発信中。

-エターナル

© 2021 NOGERA