Dead by Daylight攻略TOPへ ≫

【DbD攻略】初心者ナースのおすすめパーク構成と立ち回りを解説!索敵ver

2021年3月2日

こんにちは!おるかです。

今回はナースを頑張ってる初心者の方向けにおすすめのパーク構成と立ち回りをご紹介したいと思います。

ブリンクの練習をしたいが、サバイバーを見つけることが難しくてなかなか練習できない方におすすめです。

注意

あくまで個人的な意見ですので参考程度にお願いいたします。

【DbD】ナースの固有パークと性能

続きを見る

初心者ナースのおすすめパーク

パーク構成
闇より出でし者 バーベキュー&チリ

伝播する怖気

囁き

パークがない場合の代用パーク

代用パーク
不協和音 ガラクタいじり

パーク詳細

パーク 所有キャラ

闇より出でし者

レイス
パークの効果
視野が通常よりも(9/12/15)度広がる。他の視野拡大効果と重複しない。

パーク 所有キャラ

バーベキュー&チリ

カニバル
パークの効果
生存者をフックに吊るした後4秒間、フックから40メートル以上離れた全ての生存者のオーラを視ることができる。
・ 生存者が初めてフックに吊るされるたび、全ての獲得ブラッドポイントが25%増加する。最大で(50/75/100)%まで。この効果は重複する。
・ 追加取得したブラッドポイントはマッチ終了後に付与される。

パーク 所有キャラ

伝播する怖気

プレイグ
パークの効果
生存者を瀕死状態にすると、脅威範囲内の生存者全員が叫び声をあげ、(4/5/6)秒間位置が通知される。

パーク 所有キャラ

囁き

共有
パークの効果
生存者から(48/40/32)メートル以内にいると、時々エンティティの囁きが聞こえるようになる。

パーク 所有キャラ

不協和音

リージョン
パークの効果
周囲(64/96/128)メートル以内で2人以上の生存者が同時に修理している発電機のオーラが黄色くハイライトされ、発動直後に発電機から騒音の通知が発動する。
発電機が不協和音の発動条件を満たさなくなった後も4秒間強調表示は持続する。

パーク 所有キャラ

ガラクタいじり

ヒルビリー
パークの効果
発電機の修理が70%まで完了すると騒音の通知が発動し、(12/14/16)秒間、探知不可のステータス効果を得る。

今回のパーク構成の立ち回り

今回のパーク構成のメリット

ポイント

  • 索敵が優位になる
  • 索敵の際の情報がなくなることがほぼない
  • チェイスがたくさんできる(ブリンク練習がたくさんできる)
  • いろんなサバイバーとチェイスができる

索敵を立ち回りではなく、パークに頼ることでサバイバーがどのあたりにいるか検討がつかないということがなくなります。

ナースを始めたばかりの方などは、一度サバイバーを発見しても見失ってしまうことも多々ありますよね。
ブリンク練習をしたいのにさほどチェイスできずに通電してしまうこともあると思います。

この辺りの悩みが解消されるのでおすすめです。

このパーク構成のデメリット

注意

  • 遅延パークがないため発電機の修理が早い
  • ダウンが取れないときつい

そもそもサバイバーをダウンさせないと活用できないパークが2つあるのできついですが、まずはダウン取れるようにブリンク練習が第一です。

なかなかチェイスがうまくいかない場合は基本的な立ち回りから見直してみるとよいかもしれません。

【DbD】初心者ナースの練習方法!おすすめパークも紹介

続きを見る

序盤の立ち回りについて

まず、ゲーム開始後は発電機を周回しつつ囁きのパークを活用しつつサバイバーを索敵します。
囁きはティア3で半径32メートル以内にサバイバーが存在するとパークアイコンが光ります。

囁きが反応したら、近くにサバイバーがいないか確認しましょう。
このとき、サバイバーを発見するのに時間がかかりそうであれば次の発電機周辺の索敵に向かった方が良いです

ここに時間をかけすぎると、ほかの発電機の修理進行度がどんどん進んでしまいますので注意が必要です。

チェイス→ダウン→伝播する怖気→吊り→バベチリが基本

サバイバーをダウンさせることができた場合近くにサバイバーがいれば「伝播する怖気」が反応します。
サバイバーが一瞬叫ぶので近くにいればそのままダウンさせたサバイバーを放置して連続ダウンを狙いましょう

このとき、2人目のサバイバーとのチェイスに時間がかかりそうだったり見失った場合はダウンさせたサバイバーの場所まで戻りフックに吊ってしまいましょう。
フックに吊ったさいに、「バーベキュー&チリ」でサバイバーが遠くにいれば反応するので位置を確認しましょう。

バベチリ対策といのも存在するため、必ずしも反応するわけではありません。
反応がなかった場合は囁きを頼りにしつつ索敵しましょう。

「不協和音」を使った立ち回りについて

「不協和音」は2人以上で発電機を修理している場合に通知音と同時に発電機を黄色くハイライトしてくれます。

反応した場合は状況にもよりますが、その発電機に向かうと遅延&チェイスに持ち込めます。
開幕でサバイバーが3人固まって修理をはじめ、索敵している間に1台修理が完了してしまった....なんてことを防いでくれます。

一緒に持っていくパーク構成にもよりますが、反応したらそこへ向かう立ち回りが確実にサバイバーを見つけられるためおすすめです。

注意

玄人サバイバーになると、不協和音がついていることが中盤以降ばれてしまいます。「囁き」と「不協和音」があれば全くどこにいるか分からないという状況はなくなります。

「ガラクタいじり」を使った立ち回りについて

「ガラクタいじり」は発電機の修理が70%まで完了すると、その発電機から通知音が発生しナースに探知不可(心音がならずステインが消える)がつきます。
ガラクタいじりが発動した発電機が遠いと間に合わないことがありますが、ある程度近い場合はその発電機に向かうとキャッチ(発電中に攻撃するとそのまま捕まえることができる)できることや、攻撃を1発当てる可能性がかなり高まります。

チェイス中に発動すれば、相手がナースを見失う可能性も高まり徒歩で殴れることもあります。

特別な事情がなければ、ガラクタが発動した発電機に向かうようにしましょう。

不協和音と同様に、索敵に不安があれば「囁き」と「ガラクタいじり」があるとサバイバーがどこにいるか分からないという状況はなくなります。

注意

玄人サバイバーになると、ガラクタいじりを警戒して一度離れるサバイバーがいます。発動後すぐに向かえば高確率で近くにいるので辺りを見渡してみましょう。

索敵になれたら遅延パーク

索敵に慣れてきたり、ブリンクも慣れて割と早い段階でダウンを取れるようになったら遅延パークを持っていくのもありです。

サバイバーのランクが上がってくると隠密がうまくなったり、チェイスがうまい人がいたりとなかなか勝てなくなってきます。

そこまで上がってきたら「索敵」+「遅延」のパークを織り交ぜて自分にあった構成を探してみるのもありです。
索敵がめちゃくちゃ得であれば全部遅延パークでも良いかもしれません。

また、パークの内容の更新もあるため色々なパーク構成を試しておくのも良いでしょう。
パーク構成によっても立ち回りは大きく変わるためパークを意識した立ち回りまでできるようになれば後は自然とランクが上がっていくと思います。

Dead by Daylight攻略TOPへ ≫
  • この記事を書いた人

おるか

MMORPG・FPSが大好きな30代おっさんゲーマー。 中学生の時にメイプルストーリーに出会いMMORPGの虜に。 現在はスマホMMORPG・PS4をメインに毎日ゲームライフを送る日々。 新作ゲームのレビューからプレイしているゲームの攻略情報などを発信中。

-DbD攻略, キラー

© 2021 NOGERA