Dead by Daylight攻略TOPへ ≫

【DbD】トラッパーの固有パークと性能、基本的な立ち回りを解説

2021年2月16日

トラッパーの性能

基本性能
移動速度 4.6m/s 脅威範囲 32m
身長 高い 難易度 簡単

トラッパーの特殊能力について

特殊能力 詳細
トラバサミ 【トラバサミ】
初期設定として儀式の開始時にトラバサミを1つ持っている。マップ上でさらに見つけ出し集めることができる。【トラバサミを仕掛ける】
正しい位置で能力ボタンを長押しすると、目の前にトラバサミを仕掛けることができる。
仕掛けられたトラバサミを踏んだプレイヤーは身動きが取れなくなり、能力を失う。
無傷の生存者は負傷するが、罠から逃れるために試みることもできる。
アクションボタンを押すと、付近でトラバサミにかかった生存者を担ぎ上げる。【罠をリセットする】
マップ上のトラバサミの近くにいる状態で能力ボタンを長押しすると、仕掛けが完了していない場合に限り、その場で仕掛けなおすことができる。

【トラバサミを回収する】
マップ上のトラバサミの近くにいる状態でアクションボタンを押すと回収する。
初期設定でいつでも最大1つのトラバサミを所持している。

トラッパーの固有パーク

トラッパーのティーチャブルパーク

不安の元凶

野蛮な力

興奮

固有パークの詳細

パーク 所有キャラ

不安の元凶

トラッパー
パークの効果
あなたの脅威範囲内にいる生存者は、修理または治療スキルチェック発生率が10%上昇する。発生したスキルチェックの成功範囲が(40/50/60)%減少する。

パーク 所有キャラ

野蛮な力

トラッパー
パークの効果
倒されたパレット、破壊可能な壁、発電機を破壊する速度が(10/15/20)%上昇する。

パーク 所有キャラ

興奮

トラッパー
パークの効果
生存者を運んでいる間の移動速度が(6/12/18)%上昇する。生存者を運んでいる間、脅威範囲が12メートル増加する。

基本的な立ち回り

序盤は罠の設置

開始序盤はトラッパーの特殊能力であるトラバサミを強ポジや回されたくない発電機近くに設置しましょう。

早くサバイバーを見つけてダウンを取りたいと思うかもしれませんが、それではただの徒歩キラーと化してしまいます。
罠の設置状況によって終盤の状況は一転します。

初めのうちは、強ポジが分からなかったり罠の設置場所に困ると思います。
慣れるまでは窓枠の近くや板の近くなど、サバイバーがチェイスで行きそうな場所などに設置すると良いでしょう。

罠は見えにくい所に設置する

マップにもよりますが、できる限りサバイバーから視認されにくい場所に設置しましょう。

草が生えていて見えにくい場所などがおすすめです。

罠はサバイバーが解除できる

設置した罠はサバイバーが解除することができます。

解除されたときには通知音がでるので索敵にも使えます。

トラッパーを使うときの注意点

罠は自分にも効果がある

設置した罠を自分で踏んでしまうと足止めをくらってしまいます。
踏んでしまった罠はまた自動でトラッパーが同じ場所に設置しなおしてくれますが、ダウンしたサバイバーを運んでいるときに踏んでしまうとサバイバーが逃げてしまうので注意が必要です。

序盤は発電機が回りやすい

罠を設置する時間が必要な以上、序盤は発電機が2台くらいサクッと修理完了してしまいます。

パーク 所有キャラ

堕落の介入

プレイグ
パークの効果
儀式開始時に、一番離れた位置にある発電機3つがエンティティによって(80/100/120)秒間ブロックされる。
その間は、ブロックされた発電機は修理ができない。ブロックされている発電機は白いオーラでハイライトされる。

堕落の介入というパークは儀式開始に一定時間遠くの発電機をロックしてくれるので相性が良いです。

その他にも遅延系のパークと相性が良いでしょう。

Dead by Daylight攻略TOPへ ≫
  • この記事を書いた人

おるか

MMORPG・FPSが大好きな30代おっさんゲーマー。 中学生の時にメイプルストーリーに出会いMMORPGの虜に。 現在はスマホMMORPG・PS4をメインに毎日ゲームライフを送る日々。 新作ゲームのレビューからプレイしているゲームの攻略情報などを発信中。

-DbD攻略, キラー

© 2021 NOGERA