Dead by Daylight攻略TOPへ ≫

【DbD】エクセキューショナーの固有パークと性能

2021年2月17日

エクセキューショナーの性能

基本性能
移動速度 4.6m/s 脅威範囲 32m
身長 高い 難易度 普通

エクセキューショナーの特殊能力について

特殊能力 詳細
裁きの儀式 【裁きの儀式】
能力ボタンを押して発動させ、好きな方向に移動して地面にトレイルを刻み込む。
トレイルの上を歩くか走って通った生存者は、殺人鬼の本能を呼び起こして煩悶のステータス効果を受ける。
煩悶の効果を受けている生存者は瀕死状態になると、贖罪の檻へ送り込まれる可能性がある。

【特殊攻撃:地獄の罰】
裁きの儀式が発動中、攻撃ボタンを押すと地獄の罰を発動する。
これによりエネルギーの波動を解き放ち、軌道上の生存者にダメージを与える。

【特殊アビリティ:贖罪の檻】
煩悶のステータス効果を受けた瀕死状態の生存者の前に立ちはだかってアビリティ発動のボタンを押し、贖罪の檻に送り込む。
贖罪の檻に入った生存者はフックに吊るされているかのように処刑することができる。
召喚儀式の第2段階で、生存者はエンティティから逃れるためにスキルチェックを完了せざるを得なくなる。
贖罪の檻から救出された生存者、あるいは他の生存者を救出した生存者は、煩悶から解放される。

【特殊アビリティ:最後の審判】
フックまたは檻の中ですでに耐久フェーズに入り、煩悶に苦しむ瀕死状態の生存者の前に立ちはだかってアビリティ発動のボタンを押すと、その生存者を処刑する。

エクセキューショナーの固有パーク

エクセのティーチャブルパーク

強制苦行

煩悶のトレイル

デスバウンド

固有パークの詳細

パーク 所有キャラ

強制苦行

エクセキューショナー
パークの効果
任務の妨げになる者たちは、厳しい裁きに苦しむことになる。
味方の代わりに攻撃を受けた生存者は(60/70/80)秒間、衰弱のステータス効果に苦しめられる。

パーク 所有キャラ

煩悶のトレイル

エクセキューショナー
パークの効果
あなたは餌食となる人間を苦痛と罰の道へと誘導する。
発電機を蹴ると、発電機の進行が止まるか、生存者が負傷または瀕死状態になるまで探知不可になる。この間、その発電機の黄色いオーラが生存者に視えるようになる。
この効果は(80/70/60)秒ごとに1回のみ発動する。

パーク 所有キャラ

デスバウンド

エクセキューショナー
パークの効果
殺人鬼から32m以上離れた場所で生存者が別の生存者を治療して1段階回復させると、治療を施した側の生存者が叫んで位置が判明し、60秒間デスバウンドが発動する。発動中、その生存者は治療した生存者から16/12/8m以上離れると忘却のステータス効果に苦しむ。

Dead by Daylight攻略TOPへ ≫
  • この記事を書いた人

おるか

MMORPG・FPSが大好きな30代おっさんゲーマー。 中学生の時にメイプルストーリーに出会いMMORPGの虜に。 現在はスマホMMORPG・PS4をメインに毎日ゲームライフを送る日々。 新作ゲームのレビューからプレイしているゲームの攻略情報などを発信中。

-DbD攻略, キラー

© 2021 NOGERA